鉄道模型通販専門店エキサイトモデル

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら


アキュレール(Accurail)

A.C.M.E

アーノルド(Arnold)

アサーン(Athearn)

アトラス(Atlas)

アオハーゲン(Auhagen)

バックマン(Bachmann)

バックマン ブランチライン

Bemo

Blair Line

BLUFORD SHOPS

バウザー(Bowser)

ブラバ(Brawa)

ブロードウェイリミテッド

ブッシュ(Busch)
カブースインダストリー
Cal-Scale

Con-Cor

ダポール(Dapol)

DETAILS WEST

デジトラックス

E F E

ESU

ファーラー(FALLER)

フライシュマン

Fox Valley Models

Graham Farish
Harburn Hamlet
Hattons

ヘルヤン(HELJAN)

herpa

ホビートレイン(Hobbytrain)

ホーンビー(HORNBY)

インターマウンテン

J-Collection
JIT Scenery Products

ジョエフ(Jouef)
JT's Mega Steam

ケーディー(Kadee)

KATO

キブリ(kibri)

レンツ(Lenz)

LGB

リリプット(Liliput)

L.S.Models

メルクリン(Maerklin)
MANTUA

メハノ(MEHANO)
マイクロエンジニアリング

MRC

Metcalfe

マイクロトレインズ

モデルパワー

MTH

NCE

ノッホ(NOCH)

Oxford Diecast

Oxford Rail

Peco

ピコ(PIKO)

プライザー(Preiser)
Rapido
Reboxx

REE MODELS

リバロッシ(Rivarossi)

ロッキーレール

ロコ(Roco)

SEUTHE

ゾンマーフェルト

サウンドトラックス

Sudexpress

ティリッヒ(TILLIG)

Train Tech

トリックス(TRIX)

フィースマン(Viessmann)

フォルマー(Vollmer)

ウォルサーズ(Walthers)
4Ground
書籍、カタログ、DVD
中古商品
その他
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

名前

店長:上野 達司

メモ

主にHO,Nゲージ外国型鉄道模型及び関連商品のネット通販店です。
手軽にサウンド機能を楽しめる蒸気機関車等外国型鉄道模型を始めてみませんか?
欧米では標準電源となりつつあるDCCは、日本ではまだ、普及途上です。
DCC等のご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。
ストラクチャー、シーナリー用品等多数扱っております。
在庫確認、商品に関してのご質問等随時受付中です。
よろしくお願いいたします。


店長日記はこちら

◎重要! 商品代金引換ご利用時の注意事項
サイトマップ
◎重要! ご登録メールアドレス及びメールの送受信について
◎お客様へ重要なお知らせ
★エキサイトモデルへようこそ! ご注文方法 他各種リンク集
◎決済方法のご案内
メルマガ登録・解除はこちら
食堂車 Dining car WRg "Städteexpress" DR epoch IV
型番 bw45398
販売価格

16,600円(税込)

購入数


            
お取り寄せ商品になります。ご注文をいただいてから商品のチェック、発送まで3週間程度かかります。
都合によりお取り寄せが不可能な場合もありますのでご了承ください。


メーカー: Brawa (ブラバ)
スケール:H0 1:87
鉄道会社: DR
Era 分類: 4
電源:DC
全長 : 214mm

Dining car WRg "City Express" of the DR
Company number: 51 50 88-15 021-1

information about the model

At the beginning of the 1970s, the gastronomic supply in the DR's inland express trains was to be improved. In addition, many of the pre-war dining cars still in use were due for decommissioning. The DR therefore examined the procurement of new dining cars. A delivery by the wagon construction of the GDR was out of the question for capacity reasons, so the only alternative was production in DR-Raw. Although the Mitropa factory in Gotha had already built six cars from older vehicles as "Reko cars" in 1960, it was decided to create a new design based on the Bghw cars manufactured in Halberstadt. In the meantime, these were completely new buildings and no longer contained any old parts. A total of 50 of the vehicles designated as WRge were built in two series in 1973 (20) and 1977 (30). They wore the typical wine-red paintwork of Mitropa with four-language addresses, but without the decorative lines previously used. The only difference between the two series was the two windows in the kitchen wing, which were intended to improve the lighting conditions in the second series. With a top speed of 140 km/h and multi-voltage heating, the cars could be used internationally and thus also reached destinations in Germany and CSSR. In 1989, after most of the carriages had been converted, just five original dining cars in red paintwork were still in use. Although the dining cars were to receive the new design number 541, they were completely phased out by 1993. Due to their short length and robust furnishings, many found new homes on museum railways.

model details

-Faithful replica of the door
-Exactly replicated Görlitz V bogies
-Prepared for interior lighting
-Interior painted in several colors
-Short coupling kinematics
- Alternators on bogies separately attached
-Perfectly fitted windows
-Fine printing and painting
-Wagon transition with attached rubber bead

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する